モンキーキングブログ

ロールスロイズのモンキーキングブログ

男祭り。

一週間前!
2014年1月23日の夜、
千日前ユニバースというハコに
今年はじめて観る
詩の朗読ライヴに行ってきましたよ!

この日は、
女性は入場できない、男だけの、
熱い男500人しか入場できない、
『男祭り
〜真の男とは〜』
というイベントに
船長が登場されたわけです。が!

考えてみれば、男だけの、
客席に男しかいない状況での船長のライヴなんて、俺は観た事ない!


会場は、元々歴史あるキャバレーだったという『ユニバース』。
ユニバースに到着したのは、出港5分前!
はじめて足を踏み入れる、昭和のキャバレーを堪能してる間もなく、
大音量でU2の「ノーライン・オン・ザ・ホライゾン」が鳴り出した!
船が出る!
ステージの照明がエライ事なってる!
つまり、ライヴハウスとかではあり得ない、なんて説明したものか。キャバレー!


うぉぉー!船長ー!
と叫ぶ俺の声をかき消す、熱い男500人の
魚武コールの凄まじい事といったら!
それはまるで、格闘技の試合とか、甲子園の阪神ファンとか、あるいはアルゼンチンな感じというか、
とにかく凄い盛り上がりだ!
ていうか!みんな上半身裸だぜ!
裸の男500人の大! 魚武コールだ!
そして遂にストーンズの「ラフ・ジャスティス」が鳴り響く中、
実物の詩人三代目魚武濱田成夫船長本人様が登場するや!
会場の盛り上がりは最高潮に!
俺の盛り上がりも最高潮に!
「まいどぉぉぉぉ!」
船長が叫ぶ。
「まいどぉぉぉぉ!」
裸の男500人が叫ぶ。
熱気が凄い。裸になった方がいいぐらい暑いぜ。

そんな熱狂の中はじまった船長の詩の朗読は、
毎回ライヴの度に思いますが、
どこまでもカッコ良かった。
めちゃくちゃカッコ良かった。
いつも新しい。
言葉が聳え立ってる。
特に今回、個人的に感じていたのは、
俺が産まれてはじめて観た、あの日の船長の朗読、たった一度しかない「はじめて」の、あの日の感動。
ほんまに凄かった。
圧巻です。
そして、最後までしきりに巻き起こりまくってた、男500人による魚武コールや船長コールも最高でした。
言葉で説明できんけど、この日の船長のライヴを観て自分が感じた物を
翌々日の吉祥寺のロールスロイズのギグにぶつけた。
どれぐらい出せたかはわからんけど、
まだまだこんなもんじゃない!
何度でも挑戦するんだ。
たったの1は
ほんとの1!


ちなみに写真は、
男祭りでは脱がなかったけど、
風呂ではもちろん脱いでる、
ていうか風呂入るぐらい風邪は治ったんだねの、俺。
f:id:rollsroys:20140131003051j:plain

ロールスロイズ
モンキーキング






広告を非表示にする